to be beautiful

ニキビ治療に抗炎症成分が入った塗り薬は有効

にきびの悩み
ニキビ治療が必要な人は、ドラッグストアで市販薬を買って塗るという方法で治そうとする場合が多いのではないでしょうか。
市販のニキビ治療薬には、抗炎症成分や殺菌成分が入っているものがありますが、このような薬は確かに赤ニキビができている時には効果が期待できます。

それは、赤ニキビが出ている時は毛穴の中でアクネ菌が増殖して炎症を起こしていることにより、腫れたりかゆみが出ているからです。

そこで、抗炎症成分などが入っている市販薬を使うとアクネ菌を殺したり炎症を鎮める働きが期待でき、患部の腫れがひいてニキビが治ることも望めます。
しかし、ニキビ治療は市販薬を塗ることだけでは上手くいかないことも多いものです。

市販のニキビの薬

薬を塗ると一時的にニキビが治ってきても、また別の部分に出てきてしまうことはよくあり、完全に治るのはなかなか難しいというケースがよく見られます。
それはなぜかと言うと、根本的な治療ができていないからでしょう。

ニキビができる元々の原因には、思春期に入って皮脂の分泌が増加し毛穴が詰まりやすくなったことや、ホルモンバランスが崩れていることなどがありますが、人によってニキビができやすくなっている原因は違うので、それを改善することがニキビを根本的に治すことにつながります。
市販薬を塗っているだけだと、元々の原因に気づくことが難しいため、再発することが多いのです。

皮膚科に行けばニキビをもっとスムーズに治せる

ニキビ治療を速やかに行いたいなら、皮膚科を受診して自分に合った治療法を利用するのがおすすめです。

皮膚科では、その人のニキビの状態を診察してから、殺菌成分が入っている塗り薬や、
その人に必要な成分が入った飲み薬を処方してくれるのが良い点です。

ニキビには、患部の腫れが目立つ赤ニキビの他に、膿が溜まっている黄ニキビなどの状態もありますが、
皮膚科に行けば症状に合った薬をもらえるので、早く治せることが期待できます。

皮膚科でニキビ治療のために処方される飲み薬としては、殺菌効果が期待できる抗生物質の他に、
皮脂の分泌を抑える薬やホルモンバランスを調整する薬などもあります。

皮膚科のニキビ薬

クリニックによっては漢方薬を処方できることもあるので、西洋薬は合わないと思っている人は漢方薬を希望するのも良いでしょう。
皮膚科でニキビ治療を受けるメリットには、ニキビができている原因を探り、その原因を改善する方法をアドバイスしてもらえる場合があることも挙げられます。

また、初期のニキビである白ニキビを治療する塗り薬の処方も受けられますし、クリニックによっては
ケミカルピーリングやLEDライトの照射による治療などが利用できるのも魅力です。

市販薬を使ってもニキビ治療がうまくいかない時は早めに皮膚科で相談すると、
肌へのダメージを抑えてニキビを治せる可能性が高くなるでしょう。